narration-09

a_ilst004

■話法( Narration ) 出題されやすい10のポイント

⑨ 話法の転換。“重文”

————————–

■Narration-09
●Fill in the blanks with suitable words so that the two sentences mean the same.

09. He said, “It is raining, but I’ll go there.”
= He said that it (  ) raining but (  )(  ) would go there.

 ↓
 ↓埋めた?
 ↓

●Answer

09. was, that, he

「彼は、『雨が降っているけど、僕はそこに行きます』と言った」
「彼は、雨が降っているけど、そこに行くと言った」

and や but がある文は、and や but の後に that をくり返す。

 


【解説】

He said, “It is raining, but I’ll go there.”
= He said that it (was) raining but (that)(he) would go there.

「彼は、『雨が降っているけど、僕はそこに行きます』と言った」
「彼は、雨が降っているけど、そこに行くと言った」

and や but がある文は、and や but の後に that をくり返す。
but 以下も彼の発言であることを示すために、but that とする。

会話の内容が重文(and, but でつながれた文)のときは、and that, but that とする。

ただし for「というのは~だから」の後ではくり返さない。
He said,“It will rain, for the sky is cloudy.”
= He said that it would rain, for the sky was cloudy.

 


⇒ 話法のポイント一覧に戻る

⇒ 究極の英文法トップページに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。