究極の英文法

最小の努力で最大の効果を得る英文法問題・解説を提供します。

a_ilst004


■分詞( Participle )出題されやすい10のポイント


⑤ 知覚動詞の用法

————————–

■Participle-05
●Choose the best answer for the blank.

05. She was happy to see him (  ) her cake eagerly.

(1) eaten
(2) eats
(3) to eat
(4) eating

 ↓
 ↓答えた?
 ↓
 ↓
 ↓

●Answer
05. (4) eating



【解説】

SVOCをとる知覚動詞を覚える!
知覚動詞とは、see「見る」、hear「聞く」、feel「感じる」など人の感覚(五感)に関係する動詞である。

代表的な動詞である see「見る、見える」を例に取って覚えましょう。

see + O + C の形をとり、C(補語)の部分に
「原形、~ing、過去分詞(p.p.)」をとる。

このとき、OとCの間に主語と述語の関係が成立する。

問題文では、see him eating her cake の see が動詞、him が目的語(O)、eating が補語(C)に当たる。

him と eating の間にある主語と述語の関係を読み取る。

He is eating her cake.
「彼は彼女のケーキを食べている」

知覚動詞は他に、hear, feel, findなど。
(例)
I heard someone call my name.
「誰かが呼ぶ」

I heard someone calling my name.
「誰かが呼んでいる」

I heard my name called.
「名前が呼ばれる」

これらのOとCの関係を理解する。

 



⇒ 分詞のポイント一覧に戻る


⇒ 究極の英文法トップページに戻る