gerund-03

a_ilst001

■動名詞( Gerund )出題されやすい10のポイント

③ 目的語に動名詞も不定詞もとれるが、意味が異なる動詞

————————–

■Gerund-03
●Choose the best answer from the four choices.

03. Do you remember (  ) me before ?

(1) see
(2) seeing
(3) to see
(4) to have seen

 ↓
 ↓選んだ?
 ↓

●Answer
03. (2) seeing

 


【解説】

動名詞と不定詞で意味が異なる動詞を覚える。

remember ~ing「~したことを覚えている」
remember to~「~することを覚えておく」(忘れずに~する)

不定詞は「これからのこと」を表す。
動名詞は「すでにしたこと」を表す。

紛らわしいので、~ing 「~したこと」を、まずしっかり覚える。

forget ~ing「~したことを忘れる」
forget to~「~することを忘れる」

try ~ing「試しに~してみる」
try to~「~しようとする(努力する)」

regret ~ing「~したことを後悔する」
regret to~「残念ながら~する」
ただし、I regret being unable to go.
「行けなくて残念です」のように、現在のことを指すこともできる。
そこで、過去であることをはっきりさせるために、
regret having p.p.にすることもある。

 


⇒ 動名詞のポイント一覧に戻る

⇒ 究極の英文法トップページに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。