in that


   前置詞の回答


■ in that


携帯サイト最強の英文法に寄せられた「英文法に関する質問と回答」を掲載します。
あなたの疑問解決に少しでもお役に立てれば幸いです。

Q:ゆきさん

お世話になりっぱなしですみません…

接続詞についての質問があります!

Human beings differ from animals(  )they can speak and laugh.

という問題に出会いました。

(  )内は選択肢から選ぶ問題で、その

① in that
② so that

とあって、答えは①だったんですが、解説には『in that S+V…(SはVだという点で)だから』のよう事が書いてあり、それでは納得できませんでした。

so that の(~なので)という用法をこの場合は使えないんでしょうか?

 ↓
 ↓
 ↓

A:くぼたくさん

A so that BのBの部分には、Aの目的が来ます。

例えば、

Talk louder so that I can hear you.(『ジーニアス英和辞典』)なら、

Talk louder(もっと大きな声で話して)とまず言い、

その目的をso that以下で表します。

ここでは、I can hear you(あなたの声が聞こえる)です。

つまり、A so that Bは、

「BのためにAをする」あるいは、「Aをした結果Bが起こる」という意味になります。

ですから、ご質問なさったような「BなのでAだ」という意味はso thatにはありません。

ちなみに、so thatでも文法的には正しいですが、「異なっているから喋ったり笑ったりできる」という意味になります。

「異なっている」というのは、「喋ったり笑ったりできる」の理由にはなりません。

ここではその逆で、「喋ったり笑ったりできるから異なっている」と言いたいのです。

そこで、in thatですが、前置詞inに単純な名詞や代名詞ではなく、「that節が後続している」というだけの構造です。

ですから、I agree with you “in” that point.(その点「で」あなたに賛成です。)のinとまったく同じなのです。

そのため、ご質問されている文は、that they can speak and laugh(人間が喋ったり笑ったりできるということ)in(において)という構造になっています。

RE:ゆきさん

なるほど…

A so that B のAには必ず目的語が入るんですね!

so that についてをよく理解していないことに気づきました…

くぼたくさん、とてもわかりやすいご指導ありがとうございます!!

もう一度見直してみます!!

英文法の問題を無料のメルマガでお届けします。
問題を解いて、解説を読めば、必ず英文法の力が付きます。
⇒ 無料メルマガ「最強の英文法」

無料メルマガの内容を携帯やスマホに対応したサイトにまとめています。
最小の努力で最大の文法問題に対応する力が付きます。
⇒ モバイルサイト「最強の英文法」